ハロー餃子

餃子好きが興じてプログラムを書き始めました

MojaveでHomebrewのUpdate...またかぃ

Please note that these warnings are just used to help the Homebrew maintainers
with debugging if you file an issue. If everything you use Homebrew for is
working fine: please don't worry or file an issue; just ignore this. Thanks!

Warning: You are using macOS 10.14.
We do not provide support for this pre-release version.
You may encounter build failures or other breakages.
Please create pull-requests instead of filing issues.

Warning: Xcode alone is not sufficient on Dunno.
Install the Command Line Tools:
xcode-select --install


Warning: Ruby version 2.3.7 is unsupported on 10.14. Homebrew
is developed and tested on Ruby 2.3.3, and may not work correctly
on other Rubies. Patches are accepted as long as they don't cause breakage
on supported Rubies.

 

 

おっと・・・またこんなことですか、

暇みて解決していこ、、

 

追記

$ brew install rbenv ruby-build
Error: Your Xcode (9.4.1) is too outdated.

 

( ゚д゚) メダマドコ

インストールしたMacがそもそも違ったのに気付く。。。環境構築すらしていない。。。

High SierraでBrew周り詰まった事をメモ(Py編)

-> % brew link python
Linking /usr/local/Cellar/python/3.6.4_4... Error: Permission denied @ dir_s_mkdir - /usr/local/Frameworks

 

vimを入れ直した時に、with python3なんてしたが為に…

そもそも酷くないか

[/usr/local]
-> % ll
total 0
drwxrwxr-x 28 cyberhawk admin 896B 3 21 00:55 Cellar
drwxrwxr-x 17 cyberhawk admin 544B 3 4 19:09 Homebrew
drwxrwxr-x 120 cyberhawk admin 3.8K 3 21 00:59 bin
drwxrwxr-x 7 cyberhawk admin 224B 3 21 00:51 etc

 

[/usr/local]
-> % sudo mkdir /usr/local/Frameworks

[/usr/local]
-> % sudo mkdir /usr/local/Frameworks/Python.framework

[/usr/local]
-> % sudo chown -R $(whoami) $(brew --prefix)/*

[/usr/local]
-> % brew link python
Linking /usr/local/Cellar/python/3.6.4_4... 1004 symlinks created

 

完了

Unity 5.4でSGBを動かすと詰まった話

そもそもUnity 5.6以上を推奨している為、人柱も良い話です。

 

ExportしてUnityに読み込むとエラーだったり色々

  • ProjectSettings.assetがおかしい
    →bundleIdentifier: com.Company.ProductName
    あれぇ?デフォルトになってるよ…

    applicationIdentifier > Unity5.6
    bundleIdentifier > Unity5.4
    oh...そもそも命名違うのか

  • C#のバージョンが合わない
    4.0?6.0?的な意味

  • パーティクルがおかしい

コメントアウトしまくると一先ず動くけど、色んな症状が出たので心が骨折しました。

そもそも、

Android実機にbuildするとSDKエラーが起きる…! 

Unable to list target platforms.Please make sure the android sdk path is correct….

 

Android Studio 2.3以降SDKの構成が大幅に変更されたためビルドエラーとなるようです5.4.5p2, 5.5.3p3, 5.6.0p3, 2017.1.0b3 では修正されたようですが
2017.1.0f3では同様のエラーとなる模様。

https://issuetracker.unity3d.com/issues/android-build-fails-when-the-latest-android-sdk-tools-25-dot-3-1-version-is-used

 

今回検証したのは、「Unity 5.4.0f3」…アウト!

http://dl-ssl.google.com/android/repository/tools_r25.2.5-windows.zip
http://dl-ssl.google.com/android/repository/tools_r25.2.5-mac.zip

リンクからダウンロードをして、toolsフォルダにリネームすれば問題無し。

 

とはいえね…

 

無理せずUnity 5.6で堪能しましょう(´・ω・`)

 

追記:

バージョン違いを複数飼っていると「Layout」が云々リバートするかどうか聞かれたりする。

Layoutの在処

Windowsの場合は、

C:\Users\{ユーザ名}\AppData\Roaming\Unity\Editor-5.x\Preferences\Layouts

Macの場合は、

~/Library/Preferences/Unity/Editor-5.x/Layouts

SMILE GAME BUILDERのUnity出力でアセットバンドルの圧縮を試してみる

前回の続き

 

Unity ExporterでAndroidに実際に出力するまで、は前回の作業を行えば十分行える。

しかし、問題が1つある。

Export Grand Boom Sample to unity Problem :: SMILE GAME BUILDER Tech Support

 

要するに、そのままBuildしたら大変なことになるぞ、って話で

f:id:oigyoza:20180223124759j:plain

前回Unity出力した「グランブーム国物語」は160MBくらい。

Forumを見ると、インストールしたら800MB超えるぜ!と書いています。

「Deploygate」等をうまく利用して実際に検証してみると…

f:id:oigyoza:20180223125235j:plain

うわ、うわぁあああ やりやがったな…!というのはさておき…

確かに800MB超えるわけです。

 

BatchBuildも確かに良いのですが、
どちらかというと開発者向けであり、「Jenkins」「CircleCI」等の自動化を目的とすると有用な事案です。

そこで

今回ご紹介するのはもっと簡単なやり方です。

 

{ Unity Project Root }\Assets\Editor\BuildCompressedPlayer

こちらにとても有用なファイルがありますよね?

22行目

[MenuItem("Build/Android")]

 つまり、

f:id:oigyoza:20180223125730p:plain

Grandboomではないですが、Unityのメニューに便利なものがありますよね?

Android」を選択してみましょう。

f:id:oigyoza:20180223125918j:plain

Compressing data

何度も言いますが、時間かかりますよ。

 

神! God!!! これで勝てる!!!

f:id:oigyoza:20180223131120j:plain

こんな感じですかね。

iOSでも230MBくらいです。

 

もじバトもちゃっかり宣伝

 

何処にファイルが出来るの?という質問があると困るので…

f:id:oigyoza:20180223131314j:plain

プロジェクトフォルダの直下に「build」というのが出来ますので

ご安心を!

 

良いSMILE GAME BUILDER ライフを

因みに、私の正体は不明のままが良いです。

SMILE GAME BUILDERでAndroidに出力するまでの手順を整理

SMILE GAME BUILDER(通称「SGB」)は、Windows向けのツールです。

表題の通り、Android Exportまでの手順を整理します。

 

必要なもの

ひとまず、こんなところ。

各種インストールはGoogleで検索するなり良しなに。

 

概要
  1. SGBでUnity出力を行う。
  2. Unityを起動し、出力先を開く
  3. Build Settingの調整
  4. Buildを行う

 

詳細

→事前準備 

Androidでビルドする為、Android SDK、NDK及びJDKをインストールし適宜パスを通す

SDK ManagerでターゲットになるOSバージョンのプラットフォームを入れる事を忘れずに(→Minimum API Level)

f:id:oigyoza:20180223114719j:plain

→SGBでUnity出力

 可能な限り、Company Name、Product Name、Applocation Identiferは入力しておく
(例) 内包されている「グランブーム国物語」を出力してみる。

f:id:oigyoza:20180223122159j:plain

→Unityで開く

割愛。

→buildの準備

[File]-[Build Settings...]-[Player Settings...]を開く
Inspectorの中身を確認する

  • Identification (Version,Minimum API Level)
  • Configuration (Scripting Backend->IL2CPP
  • 申請するなら他色々調整

 →Build実行

割愛。

 

以上となります。

次の記事でアセットバンドルの圧縮を考慮したBuildを整理してみます。 

 

Android NDKについて

Android NDKはIL2CPPを使用する場合に必要となります。

下記URLからzipファイルをダウンロードします。
https://dl.google.com/android/repository/android-ndk-r10e-windows-x86_64.zip

Unity 2017.2.0以降、NDKの要求バージョンが変更になったため、
ダウンロード先が下記のアドレスに変更となりました。
https://dl.google.com/android/repository/android-ndk-r13b-windows-x86_64.zip

 

SMILE GAME BUILDERではIL2CPPを使うので、上記設定は【必須】です。