ハロー餃子

餃子好きが興じてプログラムを書き始めました

SMILE GAME BUILDERのUnity出力でアセットバンドルの圧縮を試してみる

前回の続き

 

Unity ExporterでAndroidに実際に出力するまで、は前回の作業を行えば十分行える。

しかし、問題が1つある。

Export Grand Boom Sample to unity Problem :: SMILE GAME BUILDER Tech Support

 

要するに、そのままBuildしたら大変なことになるぞ、って話で

f:id:oigyoza:20180223124759j:plain

前回Unity出力した「グランブーム国物語」は160MBくらい。

Forumを見ると、インストールしたら800MB超えるぜ!と書いています。

「Deploygate」等をうまく利用して実際に検証してみると…

f:id:oigyoza:20180223125235j:plain

うわ、うわぁあああ やりやがったな…!というのはさておき…

確かに800MB超えるわけです。

 

BatchBuildも確かに良いのですが、
どちらかというと開発者向けであり、「Jenkins」「CircleCI」等の自動化を目的とすると有用な事案です。

そこで

今回ご紹介するのはもっと簡単なやり方です。

 

{ Unity Project Root }\Assets\Editor\BuildCompressedPlayer

こちらにとても有用なファイルがありますよね?

22行目

[MenuItem("Build/Android")]

 つまり、

f:id:oigyoza:20180223125730p:plain

Grandboomではないですが、Unityのメニューに便利なものがありますよね?

Android」を選択してみましょう。

f:id:oigyoza:20180223125918j:plain

Compressing data

何度も言いますが、時間かかりますよ。

 

神! God!!! これで勝てる!!!

f:id:oigyoza:20180223131120j:plain

こんな感じですかね。

iOSでも230MBくらいです。

 

もじバトもちゃっかり宣伝

 

何処にファイルが出来るの?という質問があると困るので…

f:id:oigyoza:20180223131314j:plain

プロジェクトフォルダの直下に「build」というのが出来ますので

ご安心を!

 

良いSMILE GAME BUILDER ライフを

因みに、私の正体は不明のままが良いです。